Google
So-net無料ブログ作成

芝居はすんごかった [想い]

2018071501

昨日、 初挑戦の芝居(リーディング公演)サンタが君の家の庭に落ちてきた件 の本番が終わった。

 

本当は若いころに興味があった芝居。

45歳で初めて垣間見るその世界は、想像とだいぶ違っていた。

 

役作りとか演技の苦労みたいなことより、人間関係。

本番が近づくにつれ、価値観の違いからか、

 

スポンサードリンク

 

 

仲良しごっこじゃすまない面も垣間見られてきた。(露骨に喧嘩してたって意味じゃないよ 笑)

 

ある人の言葉を借りると、人生の縮図を感じた。

 

「だから勉強になった」

って面ももちろんあって、同時に実人生の大切さも、今まで以上に痛感させられて。

暫くは #なるべくお金を使わない生活 を、今まで以上に真摯に楽しく実践していこうと思っている。

 

 

芝居ではホントに沢山の苦しみも含めた学びがあったが、もちろん同時に心が震える体験も数えきれないほどあった。

 

ホントに書き始めたら書ききれない程にあるけど、今日一日、静かに過ごしてみて、昨日の本番終了後に受け取った、宝物のような体験が一つあって、それが思い起こされることが多かったから、今回はそれだけ書き留めたいと思う。

 

それは、共演者の一人の女の子が、

「(演技中の)シュウさんの笑顔を見てて泣きそうになった」

と言ってくれたこと。

 

1回目の公演と2回目の公演でのエネルギーの大きさは結構違った。

 

お客さんの反応で、こちらの心の状態も大きく左右された。

 

彼女が泣きそうになったシーンの時、ボクはもちろん精一杯、心を込めて演じていた。

彼女が演じる少女の幸せを心から願って、笑顔で見つめる心境だった。

 

でもそれは、共演者・観客・スタッフ、その場にいた全員が作り上げたエネルギーだったんだと思う。

 

ボクはそのエネルギーの焦点の両脇の1点の役を担わせてもらっただけ。

 

それが、もう片方の脇の1点に位置する役の彼女に届いて、心を動かしたんだと思っている。

 

「1回目と2回目、どっちの時に泣きそうになった?」

の問いに彼女は、

「う~ん、どっちかな~?」

と答えた。

 

今は、分からなくて良かったと思える。

 

実人生にだって、起こり得るそんな瞬間は、いつ起こるか分からなくていい。

 

 

これから先、ボクは芝居をまたやるかどうかは分からない。

 

でも今回受け取った宝物のような体験は、実人生でだって起こり得るはず。

 

これから実人生を大事に生きながら、何度でも思い起こして、可能な限り自分の役割を精一杯、実践していきたいな~って、今ホントにそう、思ってる。

 

#ココロあくと公演

#サンタが君の家の庭に落ちて来た件

 


 

TEL:
08034662740

メール:
sakashushu@gmail.com

ツイッター:
https://twitter.com/sakashushu

フェイスブック:
https://www.facebook.com/sakashushu

 

ご連絡・フォロー・友達申請 等、いつでもお気軽にどうぞ!

またお越しくださいませませ!

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます